[最新教育ニュース]最新教育ニュース一覧・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉大学入試制度改革に71億円大幅増 理研に人工知能開発拠点 文科省 来年度予算の概算要求


 文部科学省は28日、平成28年度予算の概算要求を発表し、今年度比5249億円増の計5兆8552億円を計上した。新規事業として、文教分野では、中教審答申が出るなど32年度に向けて本格的に動き出した大学入試制度改革の推進費用が計72億円(前年比71億円増)と大幅に増額。科学技術分野では、理化学研究所に人工知能やサイバー・セキュリティーの研究開発拠点をつくるため、新たに計100億円を要望した。この教育ニュース続きを読む
スポンサーサイト

〈最新教育ニュース〉楽しく学べる清掃体験 東京ディズニーシー「カストーディアル・キッズ!」


 夏休みの貴重な体験で自宅の掃除のお手伝いが楽しくなる-。東京ディズニーシーでは現在、夏限定の子供向け体験プログラム「カストーディアル・キッズ!」を実施している。

 このプログラムは、子供たちが、スピーディーな清掃でゲストの目をくぎ付けにすることで有名な同施設のカストーディアルキャストの白いコスチュームに着替え、ほうきとちりとりを持って掃除体験をしたり、ゲストへのもてなし方法を学んだりと、キャストの仕事の一部を体験することができるというものだ。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉埼玉県立中で育鵬社採択 歴史、公民で前回に続き


 埼玉県教育委員会は27日、定例会を開き、県立伊奈学園中学校(同県伊奈町)で来春から4年間使用する歴史と公民の教科書に、平成23年の前回に続き育鵬社(東京)の教科書を採択した。

 同中は県内唯一の県立中。同県教委は6日の定例会で委員6人による投票を実施し、同社の教科書が歴史・公民ともに4票で多数を占めていた。

〈最新教育ニュース〉歴史、公民の教科書に育鵬社採択 千葉県立中2校


 千葉県教委は26日、臨時教育委員会議を開き、平成28年度から4年間、県立中学校2校で使用する歴史と公民の教科書について、育鵬社(東京)の教科書を採択した。同社の教科書が採択されたのは、千葉県内では初めて。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉次期指導要領、高校の科目は新テストも意識 渡辺敦司


2020(平成32)年度から順次、全面実施に入る次期の学習指導要領の基本方針が、いよいよ固まってきました。最も大きなポイントは、これまでにお伝えしてきたように、教育の重点を、教師が「何を教えるか」から、児童生徒が「何ができるようになるか」にシフトすることです。そして、この大方針のもと、幼・小・中・高の各学校段階に縦串を、各教科等に横串を刺すことによって、指導要領全体を「構造改革」しようというのです。そうはいっても、多くの保護者や子どもが気になるのは、具体的な教科の内容がどうなるか、とりわけ大学入学者選抜の改革と相まって、改訂の目玉とされる高校の教科・科目がどうなるかでしょう。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉躍進遂げた高知と沖縄 中3なお低迷


 文部科学省が25日に公表した全国学力テストでは、昨年度までに成績が向上し、下位クラスを脱した沖縄県や高知県で小学6年の学力定着が印象づけられる結果となった。ただ、中学3年の成績はともに低迷が続いており、次の教育改革の照準を中学校の学力改善に合わせつつある。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉「アクティブ・ラーニング」6割超で導入 積極校ほど正答率高く


 今回の全国学力テストでは、小中学校で子供が自ら課題を発見して解決する「アクティブ・ラーニング」と呼ばれる課題解決型学習の実施状況を調べた。小中ともに6割以上の学校が授業に取り入れており、熱心に取り組んだ学校は、行っていない学校より平均正答率が高かった。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉「内申点に活用」で向上? 大阪府の中学生、平均正答率大幅アップ


 全国的な成績底上げがみられた今回の全国学力テストで、特に大阪府の中学3年の成績が大幅に向上しているのが目をひく。府教委がテスト実施に先立ち、学校別結果を高校入試の内申点評価に活用する方針を打ち出したことが、結果的に成績向上につながった可能性がある。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉底上げ進展、成績差縮まる 小中学校の95%超「指導改善定着」


 文部科学省は25日、小学校6年と中学校3年を対象に今年4月に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。昨年度に続き自治体間の成績差が一層縮まり、全国的な学力の底上げが進んだ。95%以上の小中学校でテスト結果の分析を通じた指導改善が定着したことが要因とみられる。3年ぶりに実施された理科では、中学生の「理科離れ」が進む現状が浮かんだ。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉「侵略」「謝罪」 不使用を要求 70年談話で「つくる会」


 「新しい歴史教科書をつくる会」の杉原誠四郎会長らが10日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し、安倍晋三首相が近く発表する戦後70年談話について、一方的に日本を断罪する文脈で「侵略」や「謝罪」といった文言を使わないように求めた。

この教育ニュース続きを読む




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。