[最新教育問題記事]少子化問題・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉小中学校統合を促進 「母校なくさないで」地域、防災…現場は苦慮


 文部科学省が19日に公表した公立小中学校統廃合に関する実態調査で、7割以上の市町村で、児童生徒がが少なすぎるなど適正規模でない学校があることが明らかになった。文科省は小学校では6学級以下、中学校では3学級以下について統廃合を含めた検討を促したが、地域の反対や防犯、安全性の確保などが統廃合の壁となるケースが少なくなく、現場からは「容易ではない」との声も漏れる。

この教育ニュース続きを読む
スポンサーサイト

〈最新教育ニュース〉クラス替えできない小中学校の統合検討 通学目安はバス利用などで「1時間内」 文科省新基準


 少子化で小中学校の児童・生徒が減少の一途をたどる中、文部科学省は19日、公立小中学校の統廃合に関する基準を見直し、小学校は6学級以下、中学校は3学級以下で、統廃合を含めた検討を自治体に求めることを明らかにした。統廃合せず、存続させる場合は小規模校の利点を最大限に生かすよう促す。「手引」としてまとめ、今月中に全国の自治体に通知する。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉少子化で小中学校が小規模化 8割は課題認識も5割が“放置” 文科省調査


 少子化で小中学校の児童・生徒が減少の一途をたどる中、全国の市町村の8割が、公立小中学校の小規模化に伴う課題を認識しながら、このうちの5割が課題解消の検討をしていないことが19日、文部科学省の調べで分かった。文科省は学校統廃合や小規模校活性化などの具体的方策を示した手引き案を公表。近く全国の市町村に配布して課題解消に積極的に取り組むよう促すとしている。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉教育業界、少子化で熾烈な争い 受験予備軍 名簿は「宝の山」


 ベネッセコーポレーションの個人情報漏洩(ろうえい)問題では、少子化が進む中で子供に関する名簿が「宝の山」として教育業界で取引されている実態が明らかになった。幼い子供の個人データは「高校、大学と長期にわたって使えるためうまみがある」(名簿業者)といい、今回流出した情報は「数千万円の価値がある」という業者もいるほどだ。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉「こんなキラキラネームはいやだ!」 子供による「改名」が認められる条件は?


「永久恋愛」(えくれあ)、「連夏江」(れげえ)など、フリガナなしでは読めない奇抜な名前を子供につける親が増えている。難解な読み方の名前は昔からあったのだが、最近は、普通ならば人につけないような「横文字の名称」に強引に漢字をあてはめる例が目立っているようだ。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉中高一貫教育Q&A:教育課程・評価に関すること



【Q14】 中高一貫教育校では,どのような特色ある教育が行われるのですか。

【A14】
 中高一貫教育校にどのような学科を設けるか,さらには,どのような特色を持つ教育内容にするかは,各設置者の判断によります。いずれにしても,6年間の学校生活の中で,計画的・継続的な教育指導を展開し,生徒の個性や創造性を伸ばすという,中高一貫教育の趣旨を踏まえた特色あるものにしていくことが期待されます。
 このため,中高一貫教育校においては,特色ある教育課程を編成することができるよう,教育課程の基準の特例を設けています。詳しくはQ15を御参照ください。
 なお,中高一貫教育校における教育の例として,例えば次のような例が考えられます。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉高校の遠隔授業、容認へ…少子化・過疎化に対応


 少子化や過疎化に対応するため、文部科学省は、高校での情報通信技術(ICT)による遠隔授業を認める方向で検討を始める。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉伊良部に小中一貫校 宮古島市教委


 【宮古島】宮古島市教育委員会(宮國博教育長)は26日、定例会を開き、学校規模適正化の計画を見直し、2017年度をめどに伊良部地区の4小中学校を統合し、小中一貫校を新設する案を全会一致で可決した。開校に向けた具体的な課題を話し合う協議会を設置する案も同日、可決された。
この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉来年4月、三川小を鮎川小に統合 地元世帯の児童ゼロで


 和歌山県の田辺市教育委員会は来年4月、田辺市合川の三川小学校を鮎川小学校(田辺市鮎川)に統合する方針を固めた。三川小では、児童10人全員が児童養護施設「くすのき」(同市向山)から通っており、学校と生活の場が同じメンバーとなる教育環境は好ましくないと判断した。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉総人口、5年連続で減少=自然減は最多の23万人―総務省


 総務省が25日発表した住民基本台帳に基づく2014年1月1日現在の日本人の総人口は、前年同期比0.19%減(24万3684人減)の1億2643万4964人となり、5年連続で減少した。出生者数が103万388人と、955人の微増に転じたが、高齢化により死亡者数が過去最多の126万7838人を記録。この教育ニュース続きを読む




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。