[最新教育問題記事]家庭教育・保護者・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉発生予防や児相の体制強化 政府の児童虐待防止策


 政府は28日、児童虐待を防止するための強化策を公表した。妊娠期から妊婦を支援して虐待予防を強化することや、法的知識が必要な相談などに対応できるよう児童相談所や市町村の体制を強化することなどが柱。今後、強化策の具体化に向けた検討を進め、年末に政策パッケージを策定するとしている。この教育ニュース続きを読む
スポンサーサイト

〈最新教育ニュース〉著書で「保育園義務教育化」を訴える社会学者 古市憲寿さん(30)


日本の子育て環境は厳しい。一向に解決しない保育園の待機児童、子育てしづらい労働環境-。「社会のあらゆる制度、環境が全力で少子化を促進しているかのよう」と首をかしげる。

 こうした状況を解決するアイデアとして提示したのが、著書「保育園義務教育化」(小学館)だ。0歳から小学校就学前の保育園、幼稚園を無料とし義務教育とする発想だが、とっぴな考えではない。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉夏休み終盤の親と教師の役割 開善塾教育相談研究所所長・藤崎育子


 夏休み中、教師も勉強している。8月上旬、3泊4日にわたる教員免許状更新講習が無事終わった。北海道から九州まで全国から幼・小・中・高校の先生方の参加があった。

 現在、教員免許の更新には10年ごとに30時間の講習を受けることが義務付けられている。人によって受ける時期は異なるが、大半は35歳、45歳、55歳くらいで受講する。これを忘れた場合、免許は失効してしまう。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉SNSで釣られキャバ嬢体験、気づいたらデリヘル嬢に…夏休みの夜に巣食う“性被害”


 夏休みも半ばを迎え、子供たちもどこかで気が緩みがちになりやすい時期。そうした少女らを狙った性被害が後を絶たない。一度トラブルに巻き込まれると、後々まで心身にダメージを受けることにもなる。だが、注意していても「被害のわなに陥る入り口はあらゆるところにある」と専門家。その実態は限りなく巧妙だ。(兼松康)この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉園児の1割「夜型生活」 全国30万人、成長への影響懸念


 幼稚園や保育園に通う3~6歳児の約10%が、早寝早起きが苦手な「夜型」の生活パターンを持っていることが、国立保健医療科学院(埼玉県)などの8日までの全国調査で分かった。成長や行動に問題が生じることが懸念される幼児の夜型が依然として多い実態が示された。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉学童保育利用者、初の100万人超え 待機児童も過去最多 民間団体調査


 ひとり親や共働き家庭の小学生を放課後に学校内などで預かる「学童保育」について、5月1日時点での利用児童数が101万7429人(前年同期比8万3894人増)となり、過去最多を更新したことが7日、民間団体「全国学童保育連絡協議会」の調査で分かった。100万人を超えたのは平成18年の調査開始以降、初めてという。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉保育所が公園“争奪戦” 庭なし施設が急増中


 東京都内で園庭を持たない保育所が増えている。待機児童対策として、ビルの一室などに保育所を開設するケースが相次いでいるためだ。園庭に変わる遊び場として利用されているのが公園だが、同じ境遇を抱える保育所同士で時間がバッティングすることも。公園で遊ぶことは今や“争奪戦”との嘆きの声も聞こえてくる。(三宅陽子)

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉一時保護の子、出席扱いに 年間1万7千件、虐待に対応 文科省通知


 文部科学省は、虐待などで児童相談所が一時保護し、学校に行けない子供について、出席扱いにするといった適切な対応を求める通知を全国の教育委員会などに出した。通知は7月31日付。

 文科省によると、虐待などで児童相談所が6歳以上18歳未満の子供を一時保護した件数は、平成25年度に約1万7千件で、保護されている間、欠席扱いになっている子供もいるという。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉子育て家庭への支援が急務 「苦しい」世帯が約7割も 斎藤剛史


育児費や教育費など、子どもを持つ家庭には経済的な負担が重くのしかかってきます。厚生労働省がまとめた2014(平成26)年「国民生活基礎調査」によると、子どもを持つ世帯の約7割が経済的に「生活が苦しい」と訴えていることがわかりました。一方、少子高齢化や晩婚化・未婚化などにより、子どものいない家庭も増えています。子どもを持つ世帯をめぐる状況は、現在どうなっているのでしょうか。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉第2子以降の「育休退園」 仮差し止め却下


 第2子以降の育児休業取得の際に0~2歳の保育園児を原則退園させる埼玉県所沢市の「育休退園」は違法だとして、母親らが退園の仮差し止めを求めた申し立てについて、さいたま地裁は23日付で却下した。原告側が28日に明らかにした。この教育ニュース続きを読む




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。