[最新教育ニュース]全国学力テストニュース・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉躍進遂げた高知と沖縄 中3なお低迷


 文部科学省が25日に公表した全国学力テストでは、昨年度までに成績が向上し、下位クラスを脱した沖縄県や高知県で小学6年の学力定着が印象づけられる結果となった。ただ、中学3年の成績はともに低迷が続いており、次の教育改革の照準を中学校の学力改善に合わせつつある。この教育ニュース続きを読む
スポンサーサイト

〈最新教育ニュース〉「アクティブ・ラーニング」6割超で導入 積極校ほど正答率高く


 今回の全国学力テストでは、小中学校で子供が自ら課題を発見して解決する「アクティブ・ラーニング」と呼ばれる課題解決型学習の実施状況を調べた。小中ともに6割以上の学校が授業に取り入れており、熱心に取り組んだ学校は、行っていない学校より平均正答率が高かった。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉「内申点に活用」で向上? 大阪府の中学生、平均正答率大幅アップ


 全国的な成績底上げがみられた今回の全国学力テストで、特に大阪府の中学3年の成績が大幅に向上しているのが目をひく。府教委がテスト実施に先立ち、学校別結果を高校入試の内申点評価に活用する方針を打ち出したことが、結果的に成績向上につながった可能性がある。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉底上げ進展、成績差縮まる 小中学校の95%超「指導改善定着」


 文部科学省は25日、小学校6年と中学校3年を対象に今年4月に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。昨年度に続き自治体間の成績差が一層縮まり、全国的な学力の底上げが進んだ。95%以上の小中学校でテスト結果の分析を通じた指導改善が定着したことが要因とみられる。3年ぶりに実施された理科では、中学生の「理科離れ」が進む現状が浮かんだ。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉学テ活用、文科相と大阪府知事が7日にも会談


下村博文文部科学相は4日の記者会見で、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の学校別結果を高校入試の内申点評価に活用する方針を示している大阪府の松井一郎知事と7日にも会談する方向で調整していることを明らかにした。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉大阪府の学テ活用 「容認すべきでない」 文科省専門家会議が文書


 文部科学省の専門家会議(座長・耳塚寛明お茶の水女子大教授)は17日、大阪府教育委員会が全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公立高校入試の内申点評価に活用しようとしていることについて、「容認すべきでない」とする見解を文書にまとめ公表した。文書は府教委側に16日夜に送られた。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉学校別平均正答率、「公表」は2%の32区市町村教委


 文部科学省は9日、今年4月に小学6年と中学3年を対象に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の成績をめぐる各地の教育委員会の公表状況などを明らかにした。学校別の平均正答率を公表したのは32区市町村教委(政令市を除く)で、全体の2%にとどまった。政令市と都道府県教委では学校別平均正答率の公表はなかった。今年度から認められるようになった学校別の成績公表だが、過当競争などを懸念する声もあり、見送る自治体が相次いだ。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉学力テスト 競い合う効果に目向けよ


 小中学校の全国学力テストの学校別成績(平均正答率)を公表した教育委員会が、わずか2%にとどまった。

 「序列化」につながるなどとして公表をしぶる教委がほとんどだ。競争や評価を嫌い、結果責任をあいまいにする教育界の悪弊の表れである。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉科目別平均正答率の記載なし 静岡県教委が学テ公表モデル


 本年度から教育委員会による公表が認められる全国学力テストの学校別結果について、県教委は22日までに、県内の市町教委に公表方法のモデルを示した。設問ごとの正答率を表すグラフは用いたが、川勝平太知事が求めた国語A・Bや算数A・Bといった科目別の平均正答率などの数値は記載しなかった。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉学力テスト結果「積極的公表を」 分析結果と改善策も同時に 静岡県教委


 県教育委員会は4月に実施された今年度の全国学力・学習状況調査(学テ)について、「結果の積極的な公表に努める」よう、市町教委に通知した。市町教委の判断で、領域や問題ごとの正答率を数値で公表したり、学校名を明らかにすることも容認した。ただし、数値のみの公表は行わず、分析結果や今後の対策と合わせて公表するよう要請している。この教育ニュース続きを読む




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。