[最新教育問題記事]いじめ・自殺問題・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉いじめ「いけないこと」浸透 ゲーム2時間以上は3割超 文科省アンケート


 文部科学省が全国学力テストとともに行った児童生徒アンケートで、「いじめはいけないことだと思うか」など規範意識を問う項目について小中とも「当てはまる」と回答した割合が平成19年度の調査開始以来、過去最高になったことが25日、分かった。一方、生活習慣ではゲームを1日2時間以上する割合が小中とも3割を超えた。この教育ニュース続きを読む
スポンサーサイト

〈最新教育ニュース〉いじめ調査のやり直しを通知、文科省 矢巾町の中学2年自殺受け


岩手県矢巾(やはば)町の中学2年、村松亮君(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題を受け、文部科学省は、各地の教育委員会が回答を終えていたいじめ認知件数などについての調査をやり直すよう通知した。通知は今月17日付。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉9項目の対策強化リスト、いじめの動き「全て報告を」 文科省、全小中高校に通知


 岩手県矢巾町の中学2年、村松亮君(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、文部科学省は4日、いじめ防止対策推進法に基づき、各校が定めたいじめ防止基本方針を強化する計9項目のチェックリストを、全国の教育委員会などに通知した。村松君の事例を教訓に、いじめかどうか不明瞭なケースでも1人の教員だけで判断せず、全てを対策組織へ報告する情報共有の徹底などについて、2学期が始まるまでに対応するよう求めた。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉校長「いじめ前提に調査」 担任はノート以外でも対応か


 岩手県矢巾町の中学2年村松亮君(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、村松君が通っていた中学校の校長が13日、記者会見し、「いじめがあった可能性が高いという前提で調査をしている」と述べた。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉少年の母、憤りと悔しさ訴え 「ここまでひどいいじめとは…」「学校は『言うな』と箝口令」


 岩手県矢巾町(やはばちょう)の中学2年の村松亮君(13)がいじめを苦に列車に飛び込んで自殺したとみられる問題で、村松君の母親(44)が11日、産経新聞の取材に応じた。10日に初めて読んだ村松君のノートで、同級生からの暴力や悪口に苦悩していたことを知ったといい、「ここまでひどいいじめとは…。なぜここまで追い詰められる必要があったのか」と悔しさと憤りを露わにした。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉校長が謝罪 父親は警察に調査を要請


 岩手県矢巾町の中学2年、村松亮君(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、村松君の父親(40)が13日、実態調査を求めるため、通っていた学校の校長と面会した。面会後に取材に応じた父親によると、校長は亮君が亡くなったことについて「このたびは申し訳ございません」と謝罪した。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉父親にアンケートの回答を公開 町教委


 岩手県矢巾町の中学2年村松亮君(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、町教育委員会は30日、学校がいじめの有無を調べるために生徒約450人に実施したアンケートの回答を父親(40)に手渡した。父親は「学校の報告書以外にいじめがなかったか確認したい」と話している。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉「私が思ういじめと学校が思ういじめ違う」と父親 学校の報告書受け取り


 村松亮君へのいじめを認めた学校側の報告書を受け取った父親(40)は26日、「私が思ういじめという認識と、学校が思ういじめに対する考え方が違う」と厳しい表情で語った。

 この日午前10時、村松君が自殺したJR矢幅駅(岩手県矢巾町)近くにある自宅に中学校長や町の教育委員会の職員ら5人が訪れ、父親にA4判で39ページにわたる調査結果を手渡した。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉投げられた教科書、机に頭押さえつけられたことも… 中学校が報告書 教師の情報共有乏しく


 岩手県矢巾(やはば)町の中学2年、村松亮君(13)がいじめを苦にして自殺したとみられる問題で、中学校が発表した報告書でいじめに認定された6項目は、周囲の生徒や複数の教師が泣いている村松君を見ているなど、最悪の結果を招く前から“兆候”があったことをうかがわせた。認定しなかった項目も含めて「断続的に苦痛を与え、自殺の一因となった」と結論付けたが、教師同士の情報共有がほとんどないなど、問題点が浮かび上がる。この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉いじめが自殺の一因に 学校報告書、父親に説明


 岩手県矢巾町の中学2年、村松亮君(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、いじめの有無を調べていた中学校は26日、1年から村松君へのいじめが存在し、自殺の一因になったとの調査結果をまとめ、父親(40)に報告書を手渡した。この教育ニュース続きを読む




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。