[最新教育問題記事]不登校児増加問題・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉知ってほしい 学校を休む権利 体験もとに不登校の小冊子を発行 彦田来留未さん


 くるみちゃんこと彦田来留未さんは、NPO法人ハイテンションの福祉事業所で働き、究極のバリアフリーロックバンド「サルサガムテープ」のメンバーとしても活躍している。くるみちゃんの声は、そのスマートな体形と同じように細い。が、言葉を選びながら切々と話す姿に、芯の強さを感じる。その強さはどこからくるのだろうと思っていた。去年の春、くるみちゃんが「体験をもとにして作ったんです」と、『不登校の子どもの権利宣言』(www.shure.or.jp/kenri)という小冊子をくれた。そこで初めて彼女が不登校だったと知った。

 行けない罪悪感と焦り

この教育ニュース続きを読む
スポンサーサイト

〈最新教育ニュース〉小中一貫校「中1ギャップ」解消に効果あり


 22日の中央教育審議会が制度化を答申した「小中一貫校」。小学校と中学校が連携し、より効果的な授業が期待できる一方、教員の負担増などを懸念する声があるのも事実。文部科学省は平成28年度の制度化を目指すが、導入するかどうか各地の教育委員会の判断は分かれそうだ。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉「居所不明児童・生徒」岡山県内で19人 県など状況把握に努める


 住民票がありながら所在が分からない「居所不明児童・生徒」の問題で、厚生労働省が行った調査の結果、県内で19人が所在不明だったことが3日、分かった。県、市、各教育委員会は「県内で浮上した所在不明児童・生徒の多くは事件に巻き込まれた可能性は薄いと思うが、引き続き状況把握に努める」とした。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉少年の深夜徘徊急増 補導、全国の6倍


 2013年に深夜徘徊(はいかい)で補導された少年の数が、少年の人口千人当たり約180人となり、全国平均(29・4人)の約6倍となった。総数は延べ4万1818人。さらに13年に県警に摘発された刑法犯少年1315人のうち、中学生が占める割合は59%となり、3年連続で全国最多となった。県警や県教育委員会などは13日、急増する深夜徘徊を受け、緊急の県民集会を県庁で開き、青少年の健全育成に向けた活動の推進を確認した。
この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉 神奈川・厚木市白骨化遺体 逮捕の36歳父親「怖くて家を出た」


神奈川・厚木市で30日、男の子とみられる白骨化した遺体がアパートで発見され、36歳の父親が逮捕された。
男の子は、2006年から2007年に死亡したとみられているが、厚木児童相談所は、2008年に、子どもが小学校に通っていないことを把握しながら、2014年の春まで具体的な対応をとっていなかった。
保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、厚木市に住むトラック運転手・斎藤幸裕容疑者(36)。
2006年10月から2007年1月にかけて、当時5歳とみられる息子に、必要な食事や水分を十分に与えず、死亡させた疑いが持たれている。
この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉リアルヤンキーたちを救うのは身近な大人しかいない。暴れる彼らの傍らに「頼れるヒトミさん」はいるか


●今朝の100円ニュース:中学に侵入してガラスなど壊す(中日新聞)

いま、日本人のヤンキー化を指摘する論評が盛んだ。ここでの「ヤンキー」とは、ひきこもりではないけれど狭い範囲の地元から出たがらない若者たち全般を指す。違法行為に走る昔ながらの不良とは違うようだ。

しかし、愛知県にはリアルヤンキーが残存している。夜中の学校に忍び込んで窓ガラスを壊して回ったり、盗んだオートバイで走り出したり……。今朝の中日新聞によれば、豊橋市内の高校には尾崎豊の詞を地で行くような不良少年たちがいるらしい。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉特別支援学校新設へ、横浜北部の中里学園跡地が候補


 県教育委員会は19日、2016年度末の廃止を決めている児童養護施設「中里学園」(横浜市青葉区)の跡地について、特別支援学校の建設候補地としていることを明らかにした。同園のある横浜市北部地域は特別支援学校がない“空白地域”のため、県教委は新設する方向で検討してきた。


この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉日本テレビ「明日、ママがいない」:中止要請ではなくスタッフと子供達への愛を込めて:表現は人を傷つける


「明日、ママがいない」(日本テレビ系テレビドラマ)第一回放送を観て

番組冒頭から「ありえない!!」の連続でしたね。養護施設(児童養護施設)の子供たちが、「ポスト」「ロッカー」などと呼び合い、傷つけ合う。子供たちがこまっしゃくれていて、あまりに非現実的。乱暴な施設長、規則を破る児童相談所職員、ひどい里親候補。いったい、これはどんなドラマなんだと困惑しました。途中でチャンネルを変えようかと思いましたこの教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉ひきこもりは「中・上流階級」の問題となるだろう


ネット依存症

最近、友人の精神科医がTwitterにこの記事をリンクしておりアメリカの医療機関がインターネット依存症向けの入院治療プログラムを開始、興味深く読んだ。

深刻さをます「ネット依存症」に関して、アメリカではついに入院治療が始められたものの、今のところ保険診療が効かないため、入院治療費は140万円になるという記事だ。

この教育ニュース続きを読む

〈最新教育ニュース〉わが子に「登校拒否」させる親たちが突きつける日本の教育の現実は?


増える別の「登校拒否」

わが子に喜んで「登校拒否」させている親たちがいる。そういう親が増えてきているし、そういう親になろうとおもっている親にいたっては、さらに多くなってきている。 この教育ニュース続きを読む




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。