関東学院高校生徒36人が万引 被害総額30万円 コンビニや量販店で・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉関東学院高校生徒36人が万引 被害総額30万円 コンビニや量販店で


 関東学院高校(横浜市南区)は10日、同校の高校1年の男子生徒36人が昨年9月ごろから今年にかけて横浜、川崎市などで万引を繰り返し、被害総額が約30万円に上ったと明らかにした。被害は全て弁済し、神奈川県警にも相談するとともに、当該の生徒には注意・指導したという。

 同校によると、3人の生徒が2月5日、横浜市内のコンビニで整髪料など千数百円分の商品を万引していたことが、店員の連絡から判明。他の生徒についても調査したところ、他にも33人の男子生徒が万引したことを認めたという。

 生徒らは複数、もしくは単独で、コンビニや量販店で菓子や音響機器などを万引。日常的に万引をしていた生徒もいたという。

 同校は10日、ホームページに冨山隆校長名で「ご心配をおかけし、お騒がせしましたことについて深くおわび申し上げます」などとする文書を掲載した。
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。