校長「いじめ前提に調査」 担任はノート以外でも対応か・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉校長「いじめ前提に調査」 担任はノート以外でも対応か


 岩手県矢巾町の中学2年村松亮君(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、村松君が通っていた中学校の校長が13日、記者会見し、「いじめがあった可能性が高いという前提で調査をしている」と述べた。
 会見に同席した越秀敏教育長によると、村松君の担任の女性教諭は学校側の調査に「(村松君の)ノートに気になる書き込みがあったときは声を掛けていた」と説明。提出された生活記録ノート以外で、村松君に直接対応していた可能性があるという。

 校長は、村松君のノートの記述やアンケートへの回答、生徒への聞き取り調査などから、いじめの可能性が高いとの認識を強めたと説明。「さまざまな訴えが出ていたにもかかわらず、命を救えなかったことを責任者として深くおわびする」と改めて謝罪した。
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。