女子生徒の胸など触る 37歳男性教諭を停職6カ月 個別指導で“罰ゲーム”に「調子にのりすぎた」 東京都教委・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉女子生徒の胸など触る 37歳男性教諭を停職6カ月 個別指導で“罰ゲーム”に「調子にのりすぎた」 東京都教委


 東京都教育委員会は13日、高校1年の女子生徒の胸などを触ったとして、都立高校の男性教諭(37)を停職6カ月にするなど5人を懲戒処分にした。

 都教委によると、男性教諭は平成25年1~2月、校内で、数学の個別指導をしていた女子生徒の背後からシャツの中に手を入れて胸を触ったり、太ももに触れたりした。
 男性教諭は都教委に対し、「計算を間違えたら脇の下をくすぐるぞ」などと“罰ゲーム”を科していたとした上で、「調子にのりすぎてしまった」などと釈明。個別指導は生徒から依頼され、放課後に数学準備室で行っていたという。

 また、今年4月に路上で見かけた20代女性宅に侵入しようとしたとして、住居侵入未遂容疑で現行犯逮捕された区立中学の男性校長(59)=不起訴処分=を停職6カ月にした。校長は同日付で辞職した。
関連記事
スポンサーサイト




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。