「使うと気分高揚」危険ドラッグ使用の小学校教頭を懲戒免職・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉「使うと気分高揚」危険ドラッグ使用の小学校教頭を懲戒免職


栃木県教育委員会は4日、危険ドラッグを使用したとして、宇都宮市立小学校の男性教頭(54)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付。

 県教委教職員課によると、教頭は5月23日、宇都宮市内で、知人が持ってきた危険ドラッグを、認識しながら使用した。

 6月19日に学校に県外の警察による捜索が入り、教頭の危険ドラッグ使用が発覚した。

 県教委などが事情を聴いたところ、教頭は危険ドラッグを平成22年ごろから使い始め、23年ごろからは多いときで月に1、2回使用していたと説明。「使うと気分が高揚する」と話したという。

 県教委の古沢利通教育長は「言語道断の許されない行為で誠に遺憾。再発防止、信頼回復に努めたい」とコメントした。
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。