教材重すぎカバンはいかん! インドで体重1割以下に制限「登下校で力尽き…」・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉教材重すぎカバンはいかん! インドで体重1割以下に制限「登下校で力尽き…」


 受験競争が激しいインドの西部マハラシュトラ州当局はこのほど、教材が多く入った重いかばんで通学する小学生の負担を減らすため、かばんの重さを児童の体重の1割以下に制限することを決めた。児童のストレス軽減や、けが防止が狙い。インドメディアが伝えた。
 インドでは、競争に追われた児童が余計な教材を持って行き、重いリュックサックなどで通学するケースが少なくない。同州当局者は「分厚いノートや教科書、文房具が入り、体重の2~3割に達したかばんもあった」と指摘した。

 新基準では、保護者に対し、その日必要な教材だけを児童に持たせるよう促し、学校には児童のかばんの重さを量ることなどを求める。

 児童の一人は「これまでは登下校で疲れて力尽きていたので、うれしい」と話しているという。ただ、罰則は定められていないため、実際にどう運用されるかは不明だ。(共同)
関連記事
スポンサーサイト




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。