英語・国語 小学校教科化で早朝の「10分学習」導入検討、高校では英語で討論・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉英語・国語 小学校教科化で早朝の「10分学習」導入検討、高校では英語で討論


文部科学省が5日に公表した新学習指導要領の答申の素案では、「英語を使って何ができるようになるか」という観点から、小中高校で一貫した学習・指導方法の改定を求める文言が盛り込まれた。小学校高学年では英語教科化の必要性が示されたが、「脱ゆとり教育」による授業時間の大幅増で、さらなる授業増は困難なことから、10~15分程度の短時間学習を早朝に組み込む方法で検討を進める方針を示した。
 現行の小学校の英語学習は、「聞く」「話す」の音声中心の2技能を、年35時間(週1コマ)の「外国語活動」で教えている。だが、中学校で「読む」「書く」の文字中心の技能を教える際、小学校で学んだ内容から円滑に移行し難いことが課題となっていた。小学校高学年で「読む」「書く」の技能も学習できれば、教育課程上の問題も解消されることになる。

 小学校高学年に「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を学習させる教科を設けた場合、年70時間(週2コマ)程度が必要となる見込みだ。今以上に授業時間を増やすことはできないため、早朝や昼食後に短時間学習を導入し、授業時間を確保するという。

 授業では、アルファベットを使って文字や単語を教えたり、国語と比較することで発音の特徴を気付かせたりすることを検討する。

 中学校では、4技能を測る全国学力調査を実施。高校では、社会問題などについて討論などの活動を増やし、コミュニケーション能力強化などが提案された。

 一方、国語教育も充実させる。特に高校では、教材の読み取りが中心になりがちなため、表現を教える学習の拡充に向け、話し合いや論述の指導を強化する。現代文や古典などの選択科目を再編し、小説や脚本を読み書きする科目や、古文漢文の理解を高める科目など設ける方針だ。
関連記事
スポンサーサイト




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。