園児の1割「夜型生活」 全国30万人、成長への影響懸念・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉園児の1割「夜型生活」 全国30万人、成長への影響懸念


 幼稚園や保育園に通う3~6歳児の約10%が、早寝早起きが苦手な「夜型」の生活パターンを持っていることが、国立保健医療科学院(埼玉県)などの8日までの全国調査で分かった。成長や行動に問題が生じることが懸念される幼児の夜型が依然として多い実態が示された。
 調査は平成25年10~12月、幼稚園と保育園に通う全国の幼児の保護者1万人余りを対象に「毎朝午前6時に起きるとすれば、どのくらい難しいか」「何時ごろに疲れて眠そうになるか」など目覚めと眠気に関する10問について3~5個の選択肢の中から回答を選ぶ質問票を配布して実施。

 有効な回答があった7656人分を点数化し、朝型、中間型、夜型に分けた。朝型は約33%にとどまり、中間型は約57%、夜型は約10%だった。25年には全国で約420万人の3~6歳児のうち通園するのは約300万人で、10%は30万人に当たる。
関連記事
スポンサーサイト




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。