発生予防や児相の体制強化 政府の児童虐待防止策・ゆとり教育から脱却?新学習指導要領の謎、いじめ自殺問題、教育基本法改正、教員の不祥事など教育問題が注目され、教育改革が急がれる今の日本の教育ニュースを総チェック!将来の日本を背負う人間をそだてるために学校、保護者、地域、企業ができることは何か?





〈最新教育ニュース〉スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈最新教育ニュース〉発生予防や児相の体制強化 政府の児童虐待防止策


 政府は28日、児童虐待を防止するための強化策を公表した。妊娠期から妊婦を支援して虐待予防を強化することや、法的知識が必要な相談などに対応できるよう児童相談所や市町村の体制を強化することなどが柱。今後、強化策の具体化に向けた検討を進め、年末に政策パッケージを策定するとしている。
 厚生労働省によると、全国の児相が対応した児童虐待の件数は23年連続で増加。平成25年度は過去最多の7万3802件となっており、政府は対策を一層強化させることが必要と判断した。

 強化策によると、虐待による死亡事例のうち、4割強が0歳児であることを踏まえ、妊婦に対して妊娠期から切れ目のない支援をすることが必要とした上で、子育て家庭に対し、行政側から手を差し伸べるような支援を行うという。
関連記事
スポンサーサイト




Copyright © 教育ニュース総合サイト~教師の不祥事・いじめ自殺問題・教育再生会議等教育問題をななめ読み~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。